ストレスが便秘を引き起こす原因

ストレスは体にさまざまな外を与えるといわれていますが、いまいちその関係について理解できていないという人も多いようです。便秘においていえば、ストレスは体の循環機能を低下させ、代謝が下がってお通じが出にくい体にしてしまいます。人間の体はストレスがかかると血管が収縮してしまい、血流が悪くなります。血液はすべての健康に重要な役割を果たしていて、血流がよく血液がサラサラで質のよいものであれば、一切の病気をしないといっても過言ではありません。しかし血液とは呼吸して大気の毒素を吸い込んでしまうだけで少しずつ汚れていってしまうので、一切病気をしないきれいな血液を保つことはとても大変なこと。そのため少しでもサラサラな血液を維持できるよう努力する必要があります。ストレスによって血管が収縮して血流が悪くなると、体全体のめぐりが悪くなり、各臓器の働きが低下してしまうため、腸に関していてば便を排出するための腸の動きが鈍ってしまうということが挙げられます。腸の動きが鈍ると便が排出されにくくなり溜まった便の水分を腸壁が吸収して便が固くなってしまうのです。するとさらに便が排出sれにくくなって、便秘はどんどん悪化していってしまいます。

ストレスを溜めない生活を送るには

便秘においても、ほかの健康面においてもストレスを溜めない生活を送ることはとても大切です。しかし、仕事や学校、家事や育児など、忙しい毎日を送る中で、ストレスをまったく感じないで生活することはとても難しいと思います。ではどうすればよいかというと、ストレスを受けたらできるだけ早くそれを解消することが大切です。ストレス解消法はいろいろな方法があり、その人によって異なります。読書してバーチャルな世界を楽しむのがストレス解消になるという人もいれば、本を読むことはあまり好きじゃないという人もいますよね。自分がこれをしているとリフレッシュできるというものを見つけて、こまめにそれを楽しむことでストレスを解消でき、便秘の予防と改善につなげられると思います。

参考:つらい便秘をなんとかしたい。便秘の原因を徹底調査!

Comments are closed.